デリバリーヘルスの種類

デリヘル嬢が私服で立っている

オナクラやピンサロ、ソープランド、ファッションヘルスといったように風俗にたくさんの種類があるようにデリヘルにも様々な種類があります。
ここではデリヘルの種類について説明します。

◇デリヘルの種類
・待ち合わせデリヘル
待ち合わせデリヘルというのは女性とホテル、自宅の近くで待ち合わせをして女性と一緒に部屋に入ることができるというデリヘルです。
一人でホテルに入ることができない、恋人気分を味わいたいという人に向いているデリヘルです。

・高級デリヘル
高級デリヘルは名前の通り料金が高い高級のデリヘルです。
利用料金が高い分、在籍している女性も美人の女性しかおらず接客も通常のデリヘルよりもワンランク上で一流の接客を受けることができます。

・激安デリヘル
高級デリヘルとは真逆の料金が安いデリヘルです。
激安だからといって、サービスが劣るというわけではなく最近では通常のデリヘルと同じサービスを受けられるお店も多いです。

・素人デリヘル
素人デリヘルはデリヘルの中で基本となるジャンルです。デリヘルを経営している多くのお店のコンセプトがプロっぽくないを目標にしています。
街で歩いているような綺麗な女性からサービスを受けることができるということで人気が高いデリヘルです。

こういったようにデリヘルの中にも種類は様々あります。

一回のプレイで複数の女性と

デリヘル嬢が私服で談笑

オナクラやデリヘルは基本的に男性と女性一対一でサービスを受けます。(オプションなどを利用することによって複数の女性からサービスを受けることもできます)
それに対してピンサロは回転サロンというものがあり、安い料金で複数の女性と遊ぶことができます。

回転サロンというのは、利用時間内に女性が2人~3人が入れ替わりサービスをしてくれる「花びら回転」をベースにしたピンサロです。
一般的に2人で回転する場合は15分ずつ1人の女性が相手していくということになります。3回転の場合は10分ずつ1人が相手することになります。
基本的に指名するのではなく、フリーで利用しますが全員好みではないという場合ももちろんあります。
そうなりたくないという人は回転する1人を指名できるという制度もあるのでそれを利用する方法もあります。
回転サロンのメリットとしては、一回のプレイで複数の女性と遊べるということです。
注意点としては1人10分~15分という短い時間なので、淡白なプレイになるということもあります。
基本的には1人の女性で1回ずつ射精するというわけではなく、1回につき1回射精するということになります。
ゆっくりとピンサロを楽しみたいという人には回転サロンはあまり向いていません。

回転サロンよりも回転数が多い多回転サロンという種類もあります。
基本的に3回転~5回転までありますが、追加料金を支払えば10回転楽しめるというお店もあります。
回転を増やせば増やすほど1人あたりにかかる料金は安くなるので、何回も射精したいという人は多回転サロンが向いています。
また多回転サロンは若い女性が在籍しているお店が多いです。

オナニークラブについて

デリヘル嬢が私服で見つめる

昔からあるピンサロ、ポピュラーなデリヘルに対して一番新しい風俗が「オナクラ」です。
オナクラというのは女性に自慰行為を見せることができる風俗です。
オナクラというのは略称で正式名称はオナニークラブです。
基本的にオナクラは女性は服を着たままで、女性から男性に性的サービスするというのはあまりありません。
逆に男性から女性を触るということもできないですが、オプションをつければ手コキ、お触りなどもできるようになります。

風俗の代表的なヘルスと比較すると、女性は全裸になったりフェラチオなどのサービスがないので風俗で働いたことが無いという素人の女性が多く在籍しています。
風俗業界にとって風俗で働いたことがない素人女性というのは非常に需要が高いので、そういったことからオナクラの流行の後押しをしたと考えられます。
さらにオナクラの人気の理由としては、ヘルスと比較するとシャワーの時間も無く利用時間が短いので安い料金で利用できるところです。

数年前までは店舗型のオナクラもありましたが、風営法が改正されたことによって店舗型のオナクラというのは大半がなくなりました。
ですがそれから無店舗型の営業となりホテルでサービスをすることになりました。